セカンドライン

スキルチャレンジ

SKILLS CHALLENGE TEST PROCEDURES TEST 5
Forward Speed Skate(フォワードスピードスケート )

[設営方法 Test 5]

  • テープメジャーを使いゴールラインから30m までを図る。
  • フィニッシュラインをマーキングする。

[運営方法 Test 5]

  • 選手はゴールラインからスタートし、フォワードスケート。
  • フィニッシュラインまで全力でスケートする。
    • このドリルはタイムを計る。タイムは選手が動作を開始してからフィニッシュラインを越えるまでを計る。
    • 選手のタイムをデータ記録プロトコルに基づき記録する。
    • 選手には最後まで走りきることを意識させる。選手がフィニッシュラインで止まらないようにする。
    • 選手が転倒した場合はセカンドチャンスを与える。
このページの上へ