セカンドライン

お知らせ

【訂正】【開催要項】第5回日本アイスホッケー連盟会長杯

 
  • JIHF NEWS
  • 2016年12月03日
11月28日に公開した内容に一部誤りがありましたので、修正し改めてお知らせいたします。

※ 幾つかの誤字修正の他、12.の締め切り日が1月15日に、15.組合せ抽選場所が(公財)東京都アイスホッケー連盟事務所にそれぞれ訂正いたしましたのでご注意ください。

----------------------------------------
1.大 会 名  第5回日本アイスホッケー連盟会長杯
2.主  催  公益財団法人 日本アイスホッケー連盟
3.主  管  公益財団法人東京都アイスホッケー連盟
4.開催期日  平成29年 3月10日(金)~ 3月12日(日)
5.開催場所  ダイドードリンコアイスアリーナ
        〒202-0021 東京都西東京市東伏見3-1-25 TEL 042-467-7171
        東大和スケートセンター
        〒207-0022 東京都東大和市桜ケ丘1-1330-19 TEL 042-566-6411
6.参加資格
  (1) (公財)日本アイスホッケー連盟に登録されているチームの役員、選手とする。
  (2) 日本国籍を持たない者の参加は、1チーム3名までとする。(国際移籍手続き完了が必要)
  (3) 出場する資格を有するチームは次のとおりとする。
    ①出場するチームは社会人チームとし、他チームからの補強選手は不可とする。学生チーム、アジアリーグアイスホッケー加入チームも対象外とする。
    ②加盟団体・ブロックの主催する予選会を通過したチームとする。また予選会を開催しない場合は、加盟団体が推薦したチームとする。

③ 本年度の出場チームは16チームとする。出場する社会人チーム数は、ブロック別に原則として次のとおりとする。
     北海道ブロック(4)、東北ブロック(3)、関東ブロック(2)、東京ブロック(2)、
     北信越・東海ブロック(1)、近畿ブロック(1)、中四国ブロック(1)、九州ブロック(1)、
     開催県(1)
    ④尚、定数に満たないブロックがあった場合は、(公財)日本アイスホッケー連盟の事業委員会において調整する。
  (4)今大会の出場については、ブロック予選・地区予選会の大会終了後の移籍選手の出場は認めない。
7.競技方法
  (1)参加チームによりトーナメント戦を行う。
  (2)全試合正味20分とし、各ピリオドのインターバルは12分とする。
  (3)全試合、練習10分、製氷12分後、試合開始とする。
8.優勝チーム
  (1)優勝したチームには、(公財)日本アイスホッケー連盟の会長杯を授与する。
  (2)優勝したチームは、第85回全日本選手権大会への出場権を与える。
9.競技規則
  (1)IIHF国際競技規則及び開催要項に基づく。
  (2)第3ピリオドが終了した時点で同点の場合、直ちに「3on3方式」による5分間のサドンビクトリー方式の延長ピリオドを行う。
  (3)延長戦で得点がなかった場合は、直ちに両チーム3名ずつのゲーム・ウィニングショット(GWS)を行う。なお、決しない場合は、1名ずつのタイブレイク方式のGWSにより勝敗を決する。
10.申込み
  (1)選手登録は35名以内、ベンチ入り役員登録10名以内、その他役員登録4名以内とする。(試合時のベンチ入り役員は最低1名以上最高8名以内とする。)
  (2)日本アイスホッケー連盟FaceOffシステムの大会申込みフォームにログインして https://www.jihf.or.jp/meet/entry/ 必要事項をオンラインにて入力する。ログインの大会IDとパスワードは、日本アイスホッケー連盟(TEL.03-3481-2404 jihf@jihf.or.jp)または東京都アイスホッケー連盟(tihf@tihf.gr.jp)にお問合せ下さい。
  (3)参加申込み用電子データに入力後、プリントアウトし、所属加盟団体を通じ、下記の2箇所に郵送すること。
  (正)主催 (公財)日本アイスホッケー連盟
         〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
         (TEL:03-3481-2404)
  (副)主管 (公財)東京都アイスホッケー連盟
         〒202-0021 東京都西東京市東伏見3-1-25
         (TEL:042-467-8282)
  (4)チームのホーム用およびビジター用ユニホーム、選手およびスタッフの顔写真・監督からのコメント(チーム
     紹介及び大会に臨むにあたっての抱負を200文字以内)等をCDにて(公財)東京都アイスホッケー連盟まで
     郵送すること。(顔写真は本人のみが写った無背景、無帽で正面を向いたもの。ファイル名は、各選手・
     スタッフの氏名にすること。)
11.参加の同意及び承諾
  大会当日をもって、下記の記した条件を受け入れ、同意及び承諾したものとし、今大会に参加することとする。
  尚、未成年者においては、大会当日をもって、選手の保護者にあたる人の承諾も受けたものとする。
  (1)故障や体調不良などがあるときには、直ちにチーム責任者に申し入れ、無理をして怪我を誘発するようなことは
     しないこと。
  (2)肖像などの管理を、(公財)日本アイスホッケー連盟に委ねること。  
  (3)大会に参加するチーム及び選手はホームページ・大会パンフレット等にチーム及び選手のデータ(選手名・
     生年月日・国籍・その他試合に関する記録データ等)が掲載される事を了承のうえ、大会参加すること。
  (4)未成年選手において、大会期間中に万一事故が発生した場合、選手の保護者を法定代理人とし、その責任を
     負うこととする。
12.締切り
   平成29年1月16日(月) 17:00までに(公財)日本アイスホッケー連盟必着。
13.役員・出場選手
  (1)チームのベンチ入り選手は11名以上(GK1名を含む)22名以内、役員は8名以内(最低1名)とする。
  (2)試合開始前に最低11名(GK1名を含む)役員1名がそろわないチームは棄権とする。
14.参加料
  (1)1チーム 100,000円として、申込みと同時に主催連盟の銀行口座に納金すること。
  (2)振込先
      三菱東京UFJ銀行 渋谷支店
      普通預金 口座番号 2819785
      ザイ)ニッポンアイスホッケーレンメイ 
      公益財団法人日本アイスホッケー連盟 
15.組合せ抽選
  (1)日 時: 平成29年2月3日(金)13:00~
  (2)場 所: (公財)東京都アイスホッケー連盟事務所
  (3)その他: (公財)日本アイスホッケー連盟立会いのもと公開抽選方式で行う。同一地方連盟加盟2チーム以上の参加の場合は、1回戦で対戦しないように取り扱うこととする。
16.棄権による罰則
  (1)申込み締切り後、棄権を申し出るチームは、(公財)日本アイスホッケー連盟にその理由をそえて通知する。参加料は返金しない。
  (2)事前の棄権通知を怠ったチームは、いずれの場合も今後の(公財)日本アイスホッケー連盟の主催する公式試合の参加を認めない。この出場停止期間は(公財)日本アイスホッケー連盟において、別に審議決定する。
17.開会式・監督会議
  (1)日 時: 平成29年3月9日(木) 19:00~
  (2)場 所: 東伏見 ダイドードリンコアイスアリーナ 2階会議室
  (3)出席者: 各チームの代表者2名以内(ユニフォーム持参)   (4)その他:監督会議に不参加および遅刻した場合は、原則として16項同様の罰則を適用する。
18.表彰式および閉会式
   3位決定戦・決勝戦の試合終了後直ちにリンク上で行う。
   ベストシックス6名及び大会MVP1名の個人表彰も行うこととする。
19.ベンチ
  (1)ダイドードリンコアイスアリーナの場合は、対戦表の左側のチームは、オフィシャルから見て左側のベンチAを使用すること。 
     東大和スケートセンターの場合は、対戦表の左側チームは、オフィシャル席の左側のベンチAを使用すること。
  (2)試合でのホームおよびビジターの決定は、試合開始前のパックトスによる。
20.公式練習 前日の公式練習は行わない。
21.保険の加入
    競技中における参加者のケガについては、自己責任とする。
    大会参加チームは全参加者が保険に加入していることを証明できる保険証書のコピーを監督会議までに提出すること。
22.問い合わせ先
   (公財)日本アイスホッケー連盟 (TEL:03-3481-2404)
    〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
   (公財)東京都アイスホッケー連盟(TEL:042-467-8282)
    〒202-0021 東京都西東京市東伏見3-1-25
    大会事務局 山下・佐久間(平日11時~17時30分まで)

このニュースに関する詳細はこちら

このページの上へ

ピックアップ

アイスホッケーについて

歴史 フォトギャラリー 用具 ルールの説明 閲覧ガイド 全国のスケートリンク情報
ゲーム速報
スマートフォンQRコード
toto 私たちはtoto助成を受けています。
独立行政法人日本スポーツ振興センター
Sport for Tomorrow